Life for Games and etc.

 FPSゲーマー、英語講師、ADD持ちという3足のわらじを履く筆者が、FPS攻略法や勝つためのゲーミングデバイスの紹介、英語の効率的な勉強法、発達障害に関しての話、ニュースへの持論の展開など多岐にわたった内容の記事を書かせていただきます。ブログ初心者なので、ブログデザイン改造中です。

【PUBG】なぜこんなにもチーターがいるのかのお話

f:id:fps7777777:20171028172555j:plain

 

 

 

「ひょええ!?」

 これは今日僕のヘルメットが一瞬で吹き飛ばされた時、あまりの突然さについ出てしまった言葉だ

 そしてこの声を4試合連続で出した時、僕はゲームを閉じた

 

 チーターしかいねーのかこのゲームは!!!!

 


 最近のPUBGのチーター事情についてお話しましょう

 日々PUBGをプレイしている皆さんならお気づきだと思いますが、最近のチーターの数は異常です
 キルログを見る限り、一試合に3人はほぼ確実にいると思います
 有名配信者の配信を見ていても、5人は確認できていました

 通常のゲームであればここまで異常な数のチーターはまず見られません

 

チーターの9割は中国人

 開発元のブルーホールによると、チーターの9割は中国人だそうです。


 ここからの話はあくまで噂レベルですが、どうやら中国のネカフェではPUBGのアカウントといっしょにチートパックが格安で同封されているそうです。彼らはアカウントを大量に安く仕入れており、更に中国のゲームの返金の仕様によるとどれだけBANされてもまたできるらしいので、ノーダメージだそう。

 

目的は?

 まずは楽しいということでしょう。要は一方的な虐殺ができるわけですからね。まぁ気持ちはわからんでもないですが、ゲームに限らずずるして得る勝利に価値なんてあるのでしょうか。そのあたりの価値観は我々とは少々違うのかもしれません。

 更にこのゲームではBPをsteamマネーに変えられるわけで、いい成績を出せば簡単にBP=リアルマネーが溜まっていくんですよ。だから業者のような人たちがひたすらBPを回収しているわけです。


対策はどうすればいいと思う?

 とりあえずすぐにでもできそうな対策は、中国の隔離でしょう。
 日本人としての目線から見ればやはりチーター使用者が最も多い中国からのアクセスを中国限定鯖に隔離してくれるだけで相当ストレスフリーな環境になるはずです。中国人だけで相当なプレイヤーがいますから、隔離したところで彼らのマッチング等には何の問題もありません。

 根本的なところでいえば、開発元であるブルーホールがなんらかの対策をすべきですが、ブルーホールとしては大量のアカウントを購入してくれるチーターというのは非常に素晴らしいビジネスパートナーなわけなので、本気でチートを禁止するつもりは一切ないでしょう。

 更に踏み込んだ対策となると、国際法レベルでのチーターへの罰則など世界中の法整備となるわけですが、これは20年後くらいには整っているかもしれませんが、おそらくPUBGが流行っているには不可能です。

 というわけで、中国からのアクセスの隔離を行わない限り、今後もチーターが減ることはないと思います。