Life for Games and etc.

 FPSゲーマー、英語講師、ADD持ちという3足のわらじを履く筆者が、FPS攻略法や勝つためのゲーミングデバイスの紹介、英語の効率的な勉強法、発達障害に関しての話、ニュースへの持論の展開など多岐にわたった内容の記事を書かせていただきます。ブログ初心者なので、ブログデザイン改造中です。

【PUBG】PUBGのエイム練習方法 Battle Royale Trainerの使い方 おすすめ設定方法 PUBGとのセンシの合わせ方【上達法】

f:id:fps7777777:20170924141931j:plain

 

本記事は、PUBGが絶対にうまくなる為の5つのステップをはじめから丁寧にの3ステップ目にあたります。元記事を見ていない方はこちらも合わせてどうぞ!

www.seria777.com

 

 

 多くのFPSでは、特別にエイム練習をしなくても普通にプレイすれば敵と何度も接敵するのでそれなりにエイムも上達していきます


 しかしPUBGは接敵する回数が超少ない上、一度負けたら即終了というゲームの性質上、敵と撃ち合う練習が一切できません

 そこで最近ではCSGO等の別ゲーでAim練習をするのが流行りつつあるのですが(僕も趣味でやってますが)、PUBGのエイム練習という意味では操作性もゲーム性もあまりにも違うので、あまり効果的ではないと思っています

 かといってPUBGで練習すんのも非効率だし、しいていえばBF4が一番近いけど高いしわざわざ新規の人が買う価値はないな~などと思っていた中、2018年に入ってから、PUBGエイム難民に向けて素晴らしいゲームが発売されました!

それがBattle Royale Trainerです

store.steampowered.com

 

www.youtube.com

↑このゲームを利用した感度変更後のエイム練習風景

 

このゲームは、PUBGとほぼ同じ操作性で、コンピューター相手にエイム練習ができるというものです

特徴は

・PUBGとほぼ同じ操作感と武器反動

・安い(400円)

・色々細かく設定できる

・距離表示がある為、弾道落下などを練習できる

 

こんなもんでしょうか

とりあえず安いっていうのは人に勧めやすいので大きいですね

PUBGやってる人なら箱売って500円くらいはすぐ溜まると思うので実質無料(謎理論)

 

正直欠点もめちゃくちゃ多いんですが、エイム練習をするという目的であれば必要十分な性能を備えています

更にこのゲームはまだ発売されて日が浅いため、こういったバグは改善されていくと思います

ちなみに欠点

・三人称でADSした時の左下へのズレがPUBGより大きい気がする

・音で敵の方向がわからない上、ボリューム設定機能が壊れてて消せない

PUBGとセンシが違う

→通常状態のセンシはPUBGと同じ振り向きになりました。ADSセンシはわかりませんが、ほぼ同じだと思います。

・アイアンサイトにセンシ設定が適応されない

 

Battle Royale Trainerの設定項目の説明

Canera Mode 3人称(Third Person)か1人称(First Person)か選べる

Scenario 都市(Urban)、森(Woodland)、射撃場(Firing Range)の3マップを選べる

Game type ボットを無限湧き(Endless)にするかどうか

Difficulty ボットのおおまかな難易度を設定できるが、以下で細かい設定をいじったほうがいい
Opponents 敵の数を設定する。都市なら25、森なら50推奨。
Player health 回復手段

-Medkits 応急キットで回復する

-Instant 敵を一人倒すたびに体力が回復する。100%なら全回復

AI Reaction time ボットのこっちを見てから射撃してくるまでの反応速度を選べる

AI Accuracy 敵が弾を当ててくる正確さ

AI Equipment ボットのアーマーを選べる。
AI Movement ボットの動きの多様さを選べる。

Primary Weapon メイン武器1とそのカスタム
Secondary Weapon メイン武器2とそのカスタム

 

センシの決め方

 まずは、この記事を読んでください

www.seria777.com

 

  エイム練習をする際は、大体のセンシを決めて、ある程度慣れたら細かく数値をいじって微調整するのが鉄板です。とりあえずウルトラハイセンシ、ハイセンシ、ミドルセンシ、ローセンシ、ウルトラローセンシ、自分に一番合うのはどれか手当たり次第試して大体どれくらいでいくのか決めましょう。色々試して一番しっくりくる感度帯が見つかったら、そこから完璧なエイムになるように細かく調整していきましょう。

 個人的な経験上、一番最初にちょうどいいと思ったところから更に下げたところが本当にちょうどいいセンシだったことがほとんどです。

 

PUBGとのセンシの合わせ方

 まず、General(腰だめ)とTargetingのセンシはPUBGと同じなので、同じ数値を入力すればOKです。

 

 それより下の数値は、同じなのか同じじゃないのか厳密にはわかりませんが、何度かプレイした感じはかなり近いです。ですので、とりあえず同じ数値に設定してみて、違いを感じたら微調整するのがいいと思います。

 

 皆さんの中には振り向き~cmで計って同じ値に設定すればいいじゃないかと思う方がいると思いますが、センシを他のゲームと合わせる場合それではうまくいかないんですね。また詳しく解説する記事を作りますが、センシというのはFOV(field of view)という概念と密接に関わっているので、ただ振り向きを同じセンシにしても意味がありません。計算ツールもありますがPUBGではあまり役に立たないので、自分の感覚を頼りにするのが一番いいという結論になります。

 

 過疎地に降りて武器を拾って、ある一点をひたすら狙ってセンシを微調整する、敵と戦う中で高かったら下げる低かったらあげることを繰り返して精度をあげていくというアナログな方法が、一番確かです。

 

ー以下補論ー

 実験してみたところ、BRTとPUBGではADS時のFOVがずれている上、PUBGは武器ジャンルやアイアンサイトか等倍サイトかによってもFOVが変わるため、振り向きで合わせるという下記の方法は使えないことが発覚しました

おそらくBRTとPUBGはFOVが同じなので振り向きで合わせればOKです。

 

主な合わせ方は、定規で測って合わせるか、印を置いて合わせるかです。

 BTRではアイアンサイトを使ってしまうとセンシが反映されないバグがあるので、絶対に等倍サイトをつけましょう。

 

 ~定規で測って合わせる方法~

 BTRでまずレッドドットサイトで構えます。そこから180度振り向いた時に20cmマウスを動かすなら、PUBG側の等倍サイト振り向きも20cmになるように数値を調整すればOKです。 

 

~印を置いて合わせる方法~

 マウスパッドの端にマウスを置いて、BTRのドットサイトで構えた状態から180度振り向いた位置でマウスをストップさせ、そこに何か印を置きます。

 その状態でPUBGを起動し、過疎地に降りて、SGでもなんでもいいので見つけたら構えます。またマウスをマウスパッドの端に置いて、180度振り向いた時に同じ印の位置でマウスがストップするように調整します。PUBGは方角の表記があるので、ぴったり180度の振り向きにすることが可能です。

  振り向きのcmはゲーム毎のFOVによって変わるので、別に測る必要はないと思っています

 

Battle Royale Trainerを使ったエイム練習方法

 ここからはちょっと理屈っぽい話も混ざってて日本語もうまくないのでわかりにくいかもしれませんが、しっかり読んでもらえるとありがたいです

 

f:id:fps7777777:20180211232938p:plain

 

 まず設定ですが、上の画像のようにしてください

上から順にThird-person Urban Endless Custom 25 Instant-100% Slow Poor Reasonable Full

武器は自由に選択してください

 

 この設定は敵をできるだけ弱くし無限に湧くようにしている為、効率よく連続でエイム練習をすることが可能です

 時々ボットの難易度を上げて練習する人がいますが、エイム練習という面では敵が強いと効率が下がります

 

エイム練習1:リコイルコントロールを練習する

 PUBGに限らずFPSでは発砲すると反動(リコイル)が発生します

リコイルをそのままにしておくと銃口が上に跳ね上がってしまい、敵に弾を当てることができません

 ですので、反動の逆の方向にマウスを移動することでリコイルを抑えるテクニックが必要になります。それがリコイルコントロールです。

 PUBGでは基本的に縦反動+左右へのランダム反動の武器ばかりなので、下へのリココン+様子を見て横のリココンを行う必要があります

 とはいえ横のリココンは相当の上級者でも完璧には行えない上、一度横にぶれてもまた中心に戻ってくる場合が多いため、とりあえず発砲するときはマウスを下に下げると覚えておけば問題ありません

www.youtube.com

 

エイム練習2:腰だめからADSで敵を狙う練習

基本的にエイムには、腰だめ(右クリックを押していないニュートラルな状態)からADS状態(右クリック一回押した状態)にして一人目を狙うエイムと、ADS状態からそのままスライドさせて次の標的を狙う二種類があります

 

そしてPUBGにおいて重要なのは、腰だめからのエイムです

 上級者のプレイ、例えばこのDTNメンバーのフラグムービーを見ればわかりますが、ほぼ全てのキルで腰だめからADSした瞬間にエイムが合っていることがわかります

www.youtube.com

 

 これにはいくつか理由がありますが、一番の理由は多くの場面で最速のエイムだからです

 敵と撃ち合うためには敵を撃てる位置まで移動する必要があり、ADSをしている状態では満足な移動はできない為、敵と撃ち合うポジションをとるまでの移動は腰だめの状態です

 そして撃ち合いに勝つためには敵が自分の姿を視認している時間をできるだけ短くすることが必要なので、腰撃ちの状態で敵を視認できた瞬間撃つのが最速で最強ということになります

 

逆にいうと、ADSをした状態で敵を狙う時間=隙になる為、できるだけその時間は少なくしないといけないのです

 

 初心者の時は、敵を見つけると敵からこっちの姿が見えているのにADSした状態でうんとこしょと エイムをしてしまい、撃ち負けることが多いです

 テクニックの話になりますが、基本的に予想外の方向から敵が現れた時や一瞬でエイムを合わせる自信がない場合は、一旦身を隠してから再度反撃するのがセオリーということを覚えておきましょう

 特にこのゲームの性質上TPS視点なら遮蔽物越しの敵の位置が丸わかりなので、敵の位置を腰撃ちでとらえながら最速で撃つというこのエイムテクニックの重要性が非常に高くなっています

 

 実際に練習していく際は、下の動画のように、まずはとにかくゆっくり正確に腰撃ちで敵をとらえることを重視してください

www.youtube.com

 

初めから速さは必要ありません

 

とにかく丁寧に正確に練習を続けていって、慣れてきたら自然にスピードが速くなっていったというのが望ましいです

 

 エイム練習3:ADS状態でスライドさせて撃つ練習

ADS状態でのエイムは、移動している敵にエイムを合わせ続けたり、複数の敵を連続で倒す際に使用します

 

特に腰だめセンシとADSセンシを変えている人には重要な練習になります

 

練習方法は、あえて敵からエイムをずらしてADSをして、そこからスライドさせて狙います

また、敵が複数いる場合それをADS状態のまま連続でエイムしていきます

www.youtube.com

 

 基本は練習2と同じで、とにかく急がずに、正確さを重視してください

 しばらく練習しても動画のように行きすぎたり届かなかったりするという場合は、センシを微調整してみてください

(動画では元々合ってないセンシを更に合わなくしてるので最後それっぽく見せるのにとても神経をつかいました)

 

エイム練習4:SRを練習する

 遠距離戦最強のSRは、練習その2とその3をしっかり練習していれば簡単に使いこなせます

 腰だめの状態で合わせておくのが重要なのは変わりませんが、SRでは必ず頭という小さな目標を狙わないといけないので、ADS状態での修正力も重要です

 

練習方法としては、腰だめの状態でできるだけ頭をとらえ一瞬で撃つクイックショットと、スコープから外れている状態から狙うドラッグショットがあります

www.youtube.com

 

この練習でも、最初は正確さを重視してください

 

 

 

以上で、練習法の紹介を終わります

 

最後に

実際のところ、エイムがうまくなりたければ練習の絶対量が必要です

僕もFPS初心者のときはこういったボット撃ちを丸一日やってることもありました

初心者の人なら一日最低200体はボットを倒しましょう!

一週間もすれば、見違えるようエイム力が身についているはずです

 

僕もまだまだなので、一緒に頑張っていきましょう!

BenQ ゲーミングマウス Zowie FK2 中サイズ両手持ち専用/プラグ&プレイ設計

BenQ ゲーミングマウス Zowie FK2 中サイズ両手持ち専用/プラグ&プレイ設計

 

 ↑僕が使用しているマウスです