Life for Games and etc.

 デバイスマニアのFPSゲーマーが『理屈から攻める』をモットーにFPS上達法や勝つためのゲーミングデバイスの選び方、おすすめデバイスの解説をさせていただきます。目標は、体系化されたFPS上達理論を示しハード問わず日本人のFPSプレーヤーの実力を底上げすることです!

FOVと振り向きの関係 別ゲーとセンシ合わせたいなら振り向き測っても意味ないよ^^【FPS】

f:id:fps7777777:20180303064120j:plain

 

 

はじめに

今回は、FOVの話をしていきたいと思います


FOVとは、フィールドオブビューの略で、日本語では視野もしくは視野角のことです。要は、見える範囲のことですね。

FOVの値が高ければ高いほど見える範囲が広く、低ければ低いほど見える範囲は狭くなります
FOVが高すぎると魚眼レンズのようになってしまうので、それが嫌いなユーザーも多いです

 

Minecraft FOV70

f:id:fps7777777:20180303064241p:plain

 

 

Minecraft FOV110

f:id:fps7777777:20180303064323p:plain

 


また、FOVが狭いほど移動スピードを遅く感じ、FOVが広いほど移動スピードを速く感じます

youtu.be

BFのダステルボックス氏はFOVをいつも広く魚眼レンズにしているので、「まるで新幹線みたいに走るのが早い(^p^)」とキッズに言われています

FOV≒倍率

ここで、上のMinecraftの画像を比べればわかると思いますが、FOVが低いほど、より遠くが見えるようになっていることがわかるでしょうか

わかりやすいように、更にFOVを下げてみましょう

 

Minecraft FOV30

f:id:fps7777777:20180303065102p:plain

 

どうでしょうか、まるで望遠鏡のようですね

勘の良い人なら気付いたと思いますが、これFPSで高倍率スコープを使っている状態と同じです

ここから、FOVは倍率に似た概念であることがわかりますね

FOVが狭いほど倍率が高くなり、広いほど倍率は低くなります

別ゲーと振り向きで合わせても意味がない理由

FOV≒倍率ということが理解できれば、別ゲーとセンシを合わせる際、定規で振り向きを測って合わせても全く意味がない理由がわかるのではないでしょうか

ゲームによってFOVは違いますから、PUBGでいえば等倍サイトと2倍サイトと4倍サイトの全部を振り向き20cmにして、どうだ同じセンシだろう?って言ってるようなもんです

つまり、別ゲーとセンシをあわせる際は、FOVを考慮して、画面を基準にどれだけの距離ポインターが動くか(Monitor Distance)、もしくはどれくらいの速度で画面が動くか(View Speed)という基準で合わせる必要があるんですね

そういった計算は基本的に我々には不可能ですから、その辺を考慮して自動で計算してくれるMouse Sensitivity.comというサイトを使う必要があります
そのサイトの紹介や使い方の記事はこちらになります

www.seria777.com

 

しかしこの辺りは諸説あって、全て振り向きで合わせたほうが感覚が一致するという人もいる為、自分の好みの方法に設定するのがいいでしょう

 

僕がこの人うまいなぁと思う人は大体360°Distanceで合わせてたりします

 

自分は360°で合わせると全くエイムが合わなくなるので、この辺は未だに研究中です。

 

 

センシを合わせてもエイムスタイルは変化する

FOVを考慮したセンシ設定の重要性を語りましたが、それだけでは少し解説不足な点があります

 

それは、振り向きを無視すると、エイムスタイルが変化してしまうという問題です

 

どういうことかというと、例えば、普段CS:GOのデフォルトFOVでボット撃ちしている人が、MS.comでPUBGにコンバートしたとします

 

すると、PUBGはCS:GOに比べるとFOVがかなり低いので、画面上のセンシは同じですが、振り向きはかなり低くなります

 

すると、普段は手首で追いエイムしている人も、PUBGでは肘を使って追いエイムをする必要が出てくるなどエイムスタイルの変化が伴う可能性が大きくなります

 

普段と異なるエイム方法を選択する必要があるということは、絶対的にエイムの精度が高くなるとは言えないということです

 

この辺の問題は、自分なりに考えて解決する必要があるでしょう

 

個人的な考えでは、FOVが広いゲームのセンシを高く設定することでこの問題を解決するのがベストだと今のところ思っています

 

まあCS:GOはFOVの変更が可能なので、その辺の問題も大丈夫なのですが

 

FOVは同じ設定にしてもゲームごとに違う

 

ちょっと言葉だけ聞くと意味がわからないかもしれませんが、FOVといってもその測り方は実はたくさん種類があります(知っているだけで6種類)

 

そして、これはゲームごとに異なっています

 

 ということは、ゲームAで90°に設定して、ゲームBでも90°に設定したからといって同じFOVにはならないということです

 

この辺の数値や計算もMS.comでわかります

 

FOVは高いほうがいいのか低いほうがいいのか

 

結論からいうと、センシと同じく好みです

特におすすめとかはないので、自由に設定して構いません

僕は魚眼レンズにならないレベルでできるだけ広めに設定することが多いです


BF4元プロゲーマーのKUNさんはFOVは90のゲームが多いから90に設定するのがベストと言っていますが、BF4の90と他のゲームの90は異なるので、別に90に設定する意味はありません(90言いすぎてわけわからなくなってきた)


とはいえ好みだよ~ではあまりにも無責任なので、いくつか参考になりそうな話をしたいと思います

 

FOVが低いほどエイムが簡単になる

FOVが低いということは、倍率が高い=敵が大きさが大きいということなので、エイムが簡単になります

大体FOVが調整できるのはADSゲーの腰撃ちだけですが、腰撃ちの状態でのFOVを低くしておけば、FPSにおいて重要な『腰撃ちの段階で敵にエイムを合わせておいて最速で撃つ』というテクニックがやりやすくなります

特にスナイパーなどでは重要性が高いので、スナイパー使いは低FOVのほうが強いです

スナイパー以外でも撃ち合いの強さを重視したい人はFOVは低めがいいでしょう

FOVが高いほど索敵範囲は広くなり振り向きに必要なマウス移動量は少なくなる

FOVが広い一番のメリットはやはり一度に見える範囲が広くなることでしょう
撃ち合いの重要性が低く、より索敵が重要になるゲームでは高めに設定するといいかもしれません
とはいえ敵自体は小さくなるので、画面の中に敵が映る可能性は高くなるけど、それを見つける可能性は低くなるという諸刃の剣です

また、FOVを狭くするほど振り向きに必要なマウス移動量は増えていきます
ハイセンシプレイヤーなら問題ないですが、僕のようなローセンシプレイヤーは特にPUBGのように頻繁に振り向く必要があるゲームでは結構面倒です。その為、腰だめのFOVは高く設定したほうが楽になります。

3D酔いし易い人は、FOV高めがおすすめ

3D酔いしやすい人は、FOVが低いと酔いやすくなってしまいます

僕の友人はBF4プレイヤーなのですが、普段は全くFPS酔いはしません

しかし、BF4のキャンペーンモードをプレイしたところ突然ゲロを吐いてしまったそうです。

実はBF4のキャンペーンモードは低FOVで固定されているので、普段高FOVでプレイしている友人は対応できなかったんですね

FPS酔いには個人差がありしない人はどれだけ低FOVでも問題ないですが、FPS酔いしやすい人はFOVを高めに設定することで改善される可能性があります

 

 

以上、FOVのお話でした

 

 

 

今回の記事を気に入った、共有したいと思ったらはてブ、ツイート共有よろしくお願いします

また、Twitterもやってるので、よろしければフォローお願いします

 

読者登録はこちら!!!

http://blog.hatena.ne.jp/fps7777777/fps7777777.hatenablog.com/config/design/detail#tab-customize-touch