Life for Games.

 デバイスマニアのFPSゲーマーが『理屈から攻める』をモットーにFPS上達法や勝つためのゲーミングデバイスの選び方、おすすめデバイスの解説をさせていただきます。目標は、体系化されたFPS上達理論を示しハード問わず日本人のFPSプレーヤーの実力を底上げすることです!

【2018年】FPSゲーマーがガチで選んだ5000円以下コスパ最強入門ゲーミングマウス トップ5ランキング

f:id:fps7777777:20180111235108p:plain

 

はじめに

今回は、初めてPCゲームをする、ゲーミングマウスってどんなもんか知ってみたいという方向けに、手が出しやすい5000円以下のゲーミングマウスを紹介していきたいと思います

 

『コスパ ゲーミングマウス』で検索して出てくる他のブログなんかだとよくわからん中華製のマウスをおすすめしている人もいますが、あれはさすがにありえません

例えばAmazonで『ゲーミングマウス』で検索すると、中華製の~2000円くらいのマウスがずらーっと並びます↓こんなん

 


レビューの評価も高いのでおっ結構いいんじゃね? と思う方もいるかもしれませんが、この類のものを買うのは止めましょう

僕もどんなもんかと思って試しにいくつか買ったことがあるのですが、センサーの精度もガクガク、カーソルがぶっ飛ぶなど使えたものではありませんでした

中華製でもそれなりに質がいいジャンルもあるのですが、ゲーミングマウスに関しては少なくともちゃんとしたメーカーのものを買うのがおすすめです

 

今回はゲーミングマウス入門編ということで、価格と性能のコスパという一点のみを考慮してランキング形式で紹介していきたいと思います

ちなみにエントリーマウスは小型で軽量であることが多いので、手の小さい方や女性にもおすすめです

 

また、性能重視のおすすめのゲーミングマウスの紹介やマウスの選び方などはこちらの記事でまとめているので、よろしければご覧ください

www.seria777.com

 

 

1位 ロジクール G300s

 

ゲーミングマウスで検索すると一番最初に出てくるマウスですが、結局コスパでいうとこいつが最強です

 

軽く小さく男女問わず使える大きさで、2500円以下なのにゲーミングマウス入門機として十分な性能を誇っています

 

そして何よりの特徴は、サブボタンが上についていることです。しかも6つ!

 

一般的なゲーミングマウスは横に2つのサイドボタンがついていて親指で押すのですが、このマウスは横には何もついておらず、上面にボタンがついているので、すべてのスイッチを人差し指で押すという特殊形状になっています

その為、完全につまみ持ちに特化しています

 

一番最初にこのマウスから入った人は、このマウスの形状に慣れすぎて上級者になった後もこのマウス以外使えないみたいな人もいるくらいなので、初心者から上級者まで実はファンが多いおもしろいマウスなんですね

 

一見チープなんですが、実際に持つと意外と高級感があります

 

多ボタンの為、カット&ペーストを割り当てたりゲーム用途だけでなく仕事でも非常に使いやすいですね

他のマウスへの移行に苦労したくないという方以外は、とりあえずこのマウスを購入してみるといいでしょう

 

2位 Corsair HARPOON RGB ゲーミングマウス

これ、個人的にかなりヒットしたマウスです

PC周りの製品でそこそこ有名なCORSAIRから出されているエントリー向けマウスなのですが、値段はなんと3000円以下

5000円って言われてもほーんってレベルなので、今自分がエントリー向けマウス買えって言われたら、とりあえずこれ買うかなーって思います

形状は小型のIE3.0クローンといった感じで、どんなグリップスタイルでも持ちやすいですが、かぶせ気味に持つのがいいでしょう

今まで持ってきたマウスの中でもトップクラスに軽く疲れないので、普段使いにもありです


これ、かなりおすすめです

3位 PRO ゲーミングマウス


なんでこの性能でこの価格なの!?!?!? ってのがこのマウスです
今回紹介するマウスどころか現在の市場の中でも最高クラスの性能を誇っています

大きさは非常に小さく、更にむちゃんこ軽い

元々はプロゲーマーの要望により作成されたマウスで、プロに人気だったG100sというマウスに最新の最高峰センサーを投入したロジの自信作でした

じゃあなぜこんなに安いのかというと、あんまり人気ないからです(笑)

というのも、G100sを模したものの似て非なるものになってしまい、G100sを期待していたプロユーザーは離れていったことや、同時期に発売されたG403の出来が良すぎてそっちにユーザーが流れていったという背景があります

G403も最高スペックなのにめっちゃ安いので、5000円はわずかに超えますがまあ確かにG403のほうがおすすめです

やっぱロジクールってすげえわ


更にプロマウスの廉価版として、日本未発売のG102というマウスもあります

使った感じあまり変わらないので、どうせなら安さを追求したこっちでもいいかもしれません。こないだ行ったe-sportsカフェでも使われてました

 

 

4位 Rival100 & Rival110


SteelSeriesから出されているエントリーマウスがRival100と、その最新版Rival110です

どちらも小型で軽量左右対称で、つまみ持ちに向くマウスです

違いとして、Rival100はカラーバリエーションがありDPIが250刻みで、Rival110はカラバリはなくDPIが100刻みです

FPSで基本となるDPIは400か800なので、そこにこだわりたいという方はRival110、かわいい&かっこいいカラーが欲しいという方はRival100のほうがいいでしょう

 

この2つはなんというか、「そうだな、これがマウスだよな」って感じで、もう癖という癖を取り除いたエントリーゲーミングマウスの王道って感じです

 

エントリーモデルではありますがこのマウスを使用しているプロユーザーもいるので、性能は申し分ありません

ただあまりにも癖がなさすぎてリアクションに困るのでこの順位になっていますが、かなりおすすめです

5位 Razer Abyssus V2


Razerから出されているエントリー向けゲーミングマウスです

小型で軽量、左右対称なのに若干膨らみのある形状が手にフィットし、個人的に持ち心地ならトップクラスで好みのマウスです

しかも見た目がめっちゃかわいい。わかるかなこのマウスのかわいさが。

ただ、性能形状見た目、ここまでは文句ないのですが、唯一欠点があります。それはサイドボタンがないことです

サイドボタンを使わない昔ながらのゲーマーならいいのですが、僕は結構多用するのでサイドボタンが無いのは辛い。

もしこのマウスにサイドボタンついたらコイツ使うんだけどなぁ

 

 

 

 

以上、コスパ最強入門ゲーミングトップ5ランキングでした

http://blog.hatena.ne.jp/fps7777777/fps7777777.hatenablog.com/config/design/detail#tab-customize-touch