Life for Games.

 デバイスマニアのFPSゲーマーが『理屈から攻める』をモットーにFPS上達法や勝つためのゲーミングデバイスの選び方、おすすめデバイスの解説をさせていただきます。目標は、体系化されたFPS上達理論を示しハード問わず日本人のFPSプレーヤーの実力を底上げすることです!

エイム力の4つの段階~無意識を有意識に分解することが上達への近道~

f:id:fps7777777:20180423164148j:plain

 

はじめに


エイムというのは、上級者にとっては完全に無意識で行われている行動です

 

しかし、そこにはきちんとした理屈や流れといったものがあり、それを理解しないまま練習しても、初心者が上級者に追いつくことはできません

 

度々エイムがセンスと言われるのはそれがゆえんでしょう

 

この記事では、無意識で語られるエイム力というものを分解して有意識化し、自分がどの段階でつまづいているのかを確かめられるようにしていきます

 

PC版だけではなくもちろんCS版の方に向けても書いていますので、自分の中で補完していただければと思います

エイムの4つの段階

 

エイムは、以下の4つの段階に分けることができます

 

 

1,予測

 

2,視認

 

3,修正

 

4,追尾

 

この4つです

 

それぞれ確認していきましょう

 

1.予測

 

意識すべきことは一つ

細かい導入を省いて結論から言えば、エイムの第一段階、予測で重要なのは

 

敵がいると予測される位置にクロスヘア・レティクルを常に置き続ける

 

これにつきます

 

予測のずれ=ロスタイム

 

エイムというと、見つけた敵に瞬間的にスライドさせて合わせてパチコーン倒すみたいなことを想像している人も多いかもしれませんが、そもそも最初の段階でエイムが合っているのであればそんなエイムのスライドは必要ありません

 

敵が来る位置を予測しておけば、最初からそこにエイムが置いてあるので、右クリックを押すだけで敵が死ぬ最速で最強のエイムになるわけです


エイムを置いておいた位置とのずれ=修正幅=ロスタイムになるわけなので、このロスタイムを減らすことが第一段階では重要になります

初心者と上級者の違いは移動中のクロスヘアの使い方

このクロスヘアの使い方は、初心者から撃ち合いに自信がある中級者まで、実は理解して徹底している人が少ない部分でもあります

 

 一般的にうまいと言われるプレイヤーは、クロスヘアの位置が常に移動ルートの先を向いているのに対し、初心者はクロスヘアがいつも関係ない方向を向いていて、敵が現れた瞬間に修正して弾を撃っています。特に初心者は、銃が邪魔なので視点が常に下を向いていることが多いです。

 

移動中のクロスヘアの位置だけで、その人がFPSがうまいかどうかある程度わかってしまいます

 

クロスヘアの位置が悪い例としてファミ通さんの動画を見てみましょう(すいません)

www.youtube.com

 

どうでしょうか。銃が邪魔なのか視点が常に僅かに下を向いていて、壁や地面など、敵が表れるわけがない場所にクロスヘアを向けていることが多いですね。

そして敵が現れた瞬間に下から上へと修正している為、余計な時間がかかっています。

FPSプレーヤーならンアアアアアアっともやもやする視点移動の仕方です。

 

では次に、うまいプレイヤーの視点と比べてみましょう(誰でもOKです)

www.youtube.com

どうでしょうか。違いは一目瞭然ですね。

常にクロスヘアが敵がいるかもしれない移動方向に対して向けられていて、敵が現れた際には予備動作なく最速で弾を撃ち込んでいるのがわかると思います


初心者は、まずはクロスヘアを置く位置を意識するだけで大幅に上達することが可能です

 

この話に関しては本当に数多くのプレイヤーが解説しているので、知っている人も多いかもしれませんね

わかりやすいのは、KUNさんの動画ではないでしょうか

FPSにおける眼の使い方 - YouTube

2.視認

文字通り、敵を認識することです。反応速度や視野の使い方に関わってきます
いずれ周辺視野と中心視野の話と絡めて解説したいと思います。

関連記事

3.修正

視認した敵が予測していた位置とずれていた場合、もしくは2人目・3人目を連続で狙う場合には、現在のクロスヘア・レティクルの位置との差を認識し、できる限り素早くその位置までクロスヘアの位置を修正する必要があります(撃ち合い理論的には2人目を狙う必要がある時点でアウトです)

 

修正の連発で敵を倒すRelaaa氏

www.youtube.com


いわゆるフリックショットですが、見た目が派手なので、この修正をいかに素早く正確に行えるかが上手い人の特徴と思っている人も多いと思います

確かに視点操作のうまさ≒修正のうまさなので、ここがエイム力の肝となることは間違いありません

また、周辺視野と中心視野の使い方も問題になってきますね

練習方法に関しては、またいずれ解説します

 

4.追尾


修正してエイムを合わせた後は、それで終わりではありません

 

多くのFPSでは、弾を一発浴びせただけでは敵は倒せず、大体3~6発の弾丸を浴びせ続けなければなりません

そこで、左右上下に動く敵を追尾し続けるという作業が必要になります

 

修正とは若干性質が違い、距離だけではなくエイムの移動速度という要素も加わってきます

 

特に別ゲーでエイム練習をしていた人は、そのゲームごとの移動速度や特性に慣れていないため、苦手としている人が多い印象です。そのゲームをきちんとやり込む必要があります

 

ここではリコイルコントロールや銃の性質の理解も必要になってきます

 


以上が、エイムの4つの流れになります

 

弱点の洗い出し方

 

弱点の洗い出しとして有効なのは、エイムに限らずですが、自分のプレイを録画することです

 

特にエイムの流れに注目し、どの部分が弱点なのか確かめます

 

録画すると自分の思いがけない癖が見つかったりするので、スロー再生機能も使って確かめていきましょう

 

人によっては全部だめってこともあるかもしれませんが、それだけ伸びしろがあるわけなので、めげないことです

 

最後に


いかがだったでしょうか

 

普段なんとなく行っているエイムも、分解すればこのような流れに分かれています

 

今までこのような意識をしたことが無かったという人は、一度自分のエイムをこの4つの工程に分解し、きちんと一つ一つ意識しながら練習していくことで、一気にエイム力をレベルアップすることが可能となります

 

ぜひ参考にしてみてください

 

 

おまけというか

さて、実は今回の記事は、Kさんという方のブログ「中級者へのストラテジー」を大いに参考にさせて頂いています

CoDシリーズ初心者へ捧ぐ -中級者へのストラテジー-

CS版CoDのブログですが、全てのFPSに共通する重要事項を述べていらっしゃるので、全員参考になる部分があると思います

 

参考にさせていただいたといっても、この方のブログを読んでいたのは大体4年ほど前の話で、直前に読むと記事内容が影響を受ける可能性があるため、見ずに書きました

 

そして今数年ぶりに見返しているのですが、いやもうびっくりするくらい似た内容になっていますね(笑)。本当にカンニングとかしてないのですが、ほぼパクリみたいになっています。

 

 自分は数年前は何も考えずに反応速度と直感に任せてひたすら見えた敵を撃つだけのチンパンでしたが、このブログでFPSは脳みそを使う類のものなんだと認識を改めましたし、KD1.4くらいでもう成長はないなと思っていたところから、KD2.5を超えCoDでe-sportsをするきっかけにもなりました。感謝しています。

 

今回の記事を気に入った、共有したいと思ったらはてブ、ツイート共有よろしくお願いします

また、Twitterもやってるので、よろしければフォローお願いします

 

読者登録はこちら!!!

http://blog.hatena.ne.jp/fps7777777/fps7777777.hatenablog.com/config/design/detail#tab-customize-touch