Life for Games.

 デバイスマニアのFPSゲーマーが『理屈から攻める』をモットーにFPS上達法や勝つためのゲーミングデバイスの選び方、おすすめデバイスの解説をさせていただきます。目標は、体系化されたFPS上達理論を示しハード問わず日本人のFPSプレーヤーの実力を底上げすることです!

PS4 vs PC!? CS版FPSとPC版FPSの違いとは メリットデメリットを紹介します

f:id:fps7777777:20180603203524p:plain

はじめに

 今回は、PS4 vs PC と題して、それぞれにどのような違いがあるのかを、PC版とCS版、どちらもガチでやってた自分が解説していきたいと思います

 CS機のほうが勝っているところ、PCのほうが勝っているところとして紹介します

コンシューマー/CS機
 日本ではPS4やXBOXなどの据え置き型家庭用ゲーム機をコンシューマーゲーム機、CS機と呼んだりします
これは和製英語で海外ではコンソールゲームと呼ばれるのですが、その辺はおいといて、今回は主にPS4のことをCS機と呼んでいきます
定義からするとPCもCSに属するのですが、今回はCS機とPCを分けて解説します

パッド
 PS4などについているコントローラーのことです

環境の話

CS win

コンシューマのほうが、お金がかからない

 PCの場合、まともな環境を整えようと思ったら最低でも20万、ちゃんとやろうとすると40万くらいかかります
更にデバイスの選択肢も非常に多いので、自分に合ったデバイスを探す旅に出てしまうと人によっては余裕で100万を超えてきます

それに対してCSは、PC4本体とモニターだけで始められるので、5万くらいしかかかりません

CSのほうがコンパクトなスペースでできる

 お金の話ともかぶりますが、PCだと広いデスクとでかいパソコンをおける環境が必要なので、かなり場所をとります
マウスとマウスパッドとモニターとキーボード置ける机ってだけでも大変ですから、人によってはラップトップしか無理って人も多いはずです

 それに対してPS4なら薄い本体とモニターとコントローラーだけで机とかは必要ではないので、コンパクトです
場所の問題は発生しにくいと思います

CS機のほうが人口が圧倒的に多い

人口というのはゲームにおいて非常に重要です

人口が多ければマッチングもしやすいですし、簡単に仲間を見つけることもできます

CS機のほうがカジュアル気質の人が多い

これもかなり重要な要素で、PS4は家庭用ゲームですから、やっている人もカジュアルなゲーマーが多いです

ですから、強い人だらけの環境でやりたくないという人も、気軽に楽しむことができます

そもそもPCを買ってまでゲームをやろうと思う時点でゲームに適正のある人間である場合が多いので、PC版はレベルが高くなりやすいのは当然です

逆にいえば、CS機はレベルが低い層の人口がかなり多いということになります

PC win

CSはコントローラーが壊れやすく追加の出費が多い(と思う)

 さっきの話と矛盾するようですが、追加の出費はCSのほうが多いです
というのも、PS4のコントローラーが本当に壊れやすくて、すぐに買い替えが必要になるからですね
しかもこれが一個6500円~7000円と糞高い

自分の場合は、3~4カ月に一回買い替えが必要でした。一個7000円とすると一年で2万以上かかってます

 更にスカフコントローラーという特殊なコントローラーを使っている人の場合は一個2万~3万くらいするのでアホみたいな出費になります。しかもスカフコンは純正より壊れやすいという糞仕様。

 PCもマウスパッドの摩耗なんかで色々追加費用はかかりますけど、CSほどではないです
また、PC向けのゲームは基本的に安いってのもあります

PCのほうがデバイスの見た目がかっこいい

 これは完全に主観になりますが、デバイスやプレイスタイルなどPCゲーマーのほうがかっこよさが上だと自分は感じてしまいます
やはりコントローラーは家庭用機で子供が遊ぶものというイメージもあります
 プロはどっちもかっこいいですけど、一般人が簡単にかっこよさを出せるのは確実にPCでしょう

PCは個性を出せる

 CSだと個性を出せる部分はヘッドセットくらいですが、PCならたくさんデバイスがあるし、本当に様々なメーカーがあるので、オリジナリティを簡単に出せます
収集癖がある男性はPCデバイスは大好きだと思います

PCのほうが(比較的)民度が高い

PCは金がかかる分やっている人の平均年齢も高くなる為、CSやスマホなどと比べるとマナーなどもしっかりしている傾向にあります

というより、正直いってCSというかPS4がひどすぎます。やっている層のメインが小学生~高校生のクソガキが多いので当然といえば当然ですが(箱は結構マナーいいです)

CS機だと暴言や晒しは当たり前で、自分は週に一回はゲーム外での争いが発生していました

PCだとよほど頭のおかしい奴以外と揉めることはありません

ただPCもPUBGでPCゲー人口が増えた最近は、前より悪化しているという話も聞きますね

操作性的な話

PC win

細かいエイムのしやすさは圧倒的にマウスのほうが上

 まず、エイムのしやすさに関してはパッドはマウスの足元にも及びません

 PCの場合はマウスの絶対的な移動量だけを考えればいいのですが、パッドの場合は傾ける角度×傾けた時間で画面の移動量が決まっているわけで、微調整には向かないためFPS向きのデバイスとは言えません
さらに微妙な力の入れ方で速さが変わってしまうので、PCで言うところの加速を常に入れている状態に近く安定しずらくなります。

 とはいえCoDやBFなどはエイムアシストがある為エイム難易度は低く、パッドでも楽しめるように工夫されています。しかしR6SやOWはエイムアシストはないので、PC版に比べると爽快感がかなり低いです

 XIM使ってPS4でマウサーになるという手もありますが、PCに比べると操作性は悪いので、わざわざそんなことするくらいなら大人しくPC買っとけクソガキ共(憎悪)

ボタン・キーが多いため操作や設定の自由度が高い

単純な話ですが、PCではキーボードを使用している為圧倒的に割り当て可能なキーが多いです

パッドだと絶対的なボタンの数が限られますし、モンハン持ちができるかによって操作の自由度も変わります

とはいえパッドもそこそこのボタン数があるので、普通のFPSではあまり差は感じません

CS win

パッドのほうが、繊細な移動ができる

意外かもしれませんが、細かいエイムが必要ないのであれば他の面はパッドのほうが勝っている部分のほうが多いと僕は思います

キャラの移動では、キーボードでは0か1かの移動しかできませんが、パッドなら傾ける角度によってゆっくり移動することが可能になるので、より繊細な動きができます

更にPCだとWASD付近のキーを触る際には移動キーから手を離す必要があるので、自分の完全な思い通りの移動というのはできなかったりします

視点の移動もパッドのほうが楽(特にローセンシ)

 PCだと激しい視点移動の際にはクイクイっと何度もマウスを動かさないといけないですし、いつかマウスパッドの限界がきます
特にローセンシだと何度も振り向くのはなかなか大変です
 PCは精密な動きは得意ですが、連続する大きな視点移動は苦手です

しかしパッドならスティックを傾けるだけで限界なく無限に操作できますから、楽になめらかな動きが可能です

更に、一定速度での連続回転はパッドにしかできません。

どっちがおすすめか

 一般的にパッドでのFPSはパパパパパパパwwwwwと馬鹿にされがちですが、それは偏った意見です。どっちもそれぞれの良さがあります
 パッドを使ってのエイムはそれはそれでエキサイティングですし、移動などの大きな操作はパッドのほうがやりやすいので、キャラコンがとても楽しいです

PCだとザ・FPSって感じですが、PS4だと純粋にゲームしてるな~っていう楽しさを感じることができます

 とはいえ、やはりマウスのほうが明らかにFPSに向いているので、純粋なFPSの楽しさをより感じることができるのは確実にPCです

 実際のところ、PCと同じレベルで楽しめるのはCoDだけだと思います

 CS→PCは聞きますがPC→CSはCoD以外では聞いたことがありません

 金銭的に余裕があるなら、PC版からスタートしたほうが楽しめると思います

http://blog.hatena.ne.jp/fps7777777/fps7777777.hatenablog.com/config/design/detail#tab-customize-touch