Life for Games.

 デバイスマニアのFPSゲーマーが『理屈から攻める』をモットーにFPS上達法や勝つためのゲーミングデバイスの選び方、おすすめデバイスの解説をさせていただきます。目標は、体系化されたFPS上達理論を示しハード問わず日本人のFPSプレーヤーの実力を底上げすることです!

新進気鋭の最強マウス Xtrfy M1 NIP EDITION レビュー

今回は、今最も勢いのあるゲーミングデバイスメーカー、XtrfyのM1を紹介します

概要

M1は、CS:GOの人気プロチームNinjas in Pyjamas(NiP)が開発に協力する新進気鋭のゲーミングデバイスメーカー、Xtrfyが作った最新作です

M1とM1 NIP EDITIONがありますが、両者の違いはロゴだけで、性能に差はありません。自分はNIPのロゴのほうが好きなので、こちらを新規購入しました。通常バージョンは人気すぎてすぐに売り切れてるので、逃さず買いましょう。

M1は日本のトップFPSプレーヤーを集めたプロチーム、Rsk Ninjas Gaming(RNG)のメンバーも使用しています

http://rskninjasgaming.jp

リーダー RiskivzyAt'z氏

https://twitter.com/RiskivzyAtz

人気プレイヤー Rumad氏

https://twitter.com/rumad_pubg

ざっくりスペック

普通~ちょい大きめ

普通の重さ

左右非対称エルゴノミクス

かぶせ・掴み向け

しっとり&若干マットなつるつるの表面

詳細スペック

詳細スペックの見方はこちら www.seria777.com

amazonより

長さ 129mm

幅 48mm(前部) 59mm(後部)

高さ 39mm

重量 95g(ケーブル抜き)

センサー Optical Pixart PMW 3310

ソフト なし(マウス本体による設定)

DPI変更 400/800/1600/3200/4000

加速設定 不可

直線補正 不可

LoD調整 一応可?

マクロ 不可

ライトカラー 黄色のみ 光度変更化

詳しくはAmazon見て

おすすめ対象者

普通の手の大きさの男性

かぶせ&掴み持ちユーザー

プロ監修のマウスを使いたい方

変わったメーカーでイキりたい方

不具合関係のアプデ情報

現在PCを落とすとDPI設定が変わってしまう不具合があるので、ここからファームウェアを落としてインストールしましょう。LoDもいい感じになるそうです。

http://xtrfy.com/downloads

ZIPファイルを解凍すると二つファイルが出てくるので、Xtrfy-M1-Firmware-----の方を開いてPDFの指示に従って操作すればアプデは完了です。簡単な英語なので大丈夫。

レビュー&個人的な感想

通常verを友人にあげてしまったので、今回新しくNIPエディションを買いました

内容物はこんな感じ

f:id:fps7777777:20180606185130j:plain

説明書とNIPステッカーと本体ですね

説明書なんで中国語と韓国語はあるのに日本はないんや(憤怒)

まあそれはさておき、レビューをしていきましょう

形状のフィーリング

ンンンッこれはいいマウスだッ!!!!!!!!!!

まず持った瞬間に神マウス認定です

自分は基本的に手に吸い付く系のフィット感の良いマウスが好きなのですが、こいつはいきなりピタっと張り付いてくれましたね

特に手首のグリップを重視していますが、高さの割にしっかりとホールドできるし、小指と薬指のおさまりもコンパクトにいい感じに決まります

エルゴノミクス系の中では高さがかなり低いので、他マウスからの移行は違和感があるかもしれませんが、慣れればかなり使いやすいはずです

Rival300の小型軽量化モデルという印象ですね。Rival310よりRival300に近いと思うので、300の大きさがもう少し小さければなーと思っていた方はM1を使うと幸せになれるかもしれません

大きさ

高さが思ったよりも低いので、長さ129mmの割に小さく感じました。大きいマウスが苦手な方でも、そこまで抵抗感は無いと思います。長さ127.6mmのRival310と比べると、M1のほうが小さく感じますね。

自分くらいの手の大きさの場合、完全なかぶせ持ちをすると少しはみ出てしまうので、掴み気味に持つのがちょうどいいです

f:id:fps7777777:20180606185219j:plain

重さ

95gの平均的な重さなので、特には気になりません。数字の割に軽く感じるかなって感じですね。

コード

コードは編み込みで、かなり固めです。マウスバンジーがないとうざいと思います。持っていない方はXtrfyのc1を合わせて買うと見た目的に幸せになれます

スイッチ

メインボタンのクリック感は好みが分かれそうです。普通のマウスに比べてクリックが軽い……というより、かなり手前にスイッチがあるので、少し触れただけでも判定が起こります。慣れれば大丈夫ですが、深めのスイッチ感が好きな人は注意。あと音が高くて結構うるさい。

ホイールのスクロールはかなり重めです。誤爆はしにくくなってます。

※追記

フォロワー様から、強くクリックする人や、深めにクリックする人ではチャタリングが発生しやすくなるという情報をいただきました。力が強い方、手が小さめの方はご注意ください。

その他

ソフトはないので、細かいDPIの設定などはできません。裏面のスイッチで400/800/1600/3200/4000を切り替えることになります

自分の場合DPIさえ400にできれば後は特に設定しないので、ソフトがないというのは快適でいいですね

光の調節もDPIボタンを長押しするとできます

後はソールですが、特殊な形状をしています。更に画像の左側のソールが結構膨らんでいるので、ソールを張り替える場合一工夫必要です。

f:id:fps7777777:20180608134036j:plain

最後に

今回は、おすすめのかぶせ持ちマウスXtrfy M1を紹介しました

まだ持っている人が少ないメーカーなので、友人にドヤ顔したいそこのあなた、買いですよ(^o^)

その他のおすすめゲーミングマウスはこちら

www.seria777.com

http://blog.hatena.ne.jp/fps7777777/fps7777777.hatenablog.com/config/design/detail#tab-customize-touch