Life for Games.

 デバイスマニアのFPSゲーマーが『理屈から攻める』をモットーにFPS上達法や勝つためのゲーミングデバイスの選び方、おすすめデバイスの解説をさせていただきます。目標は、体系化されたFPS上達理論を示しハード問わず日本人のFPSプレーヤーの実力を底上げすることです!

【はい最強】究極の激軽無線 ロジクール PRO LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミング マウス レビュー

f:id:fps7777777:20181130215355j:plain

はじめに

今回は、フォロワーの方からのリクエストで、ロジクールのPRO Wireless ゲーミングマウスをレビューしていきます

まず最初に言っておくと、このマウス、買いです

特につまみ持ちでワイヤレスマウスをまだ持っていない人は、このレビューを見終わったらすぐに買いましょう

たぶん7割くらいの人がもう他のマウスとかいらねってなります

それくらい完成度高いです

レビューの前にちょっと余談

Twitterにも呟かせていただいたのですが、最近色んな人のレビューを見てて気づいたことがあります

ぶっちゃけ、マウスの外観とか箱の中身とか細かいスペック書いてもどうせ見てねーなって

そもそもレビュー見るような人はスペックくらい事前に知ってますからね。どうでもいいんすよ細かいスペックって

じゃあレビューに何求めてるのかって言ったら、その人の主観的な感想なんですよ

それもただ褒めるだけの機械的な感想じゃなくて、「これやべぇわ!」「ここがクソ!」みたいな主観バチバチの奴

そのほうが読んでておもしろいですからね

機械的な感想って読んでてもおもしろくないんですよ

というわけで、今回はいつにも増して私の主観全開で書いていきたいと思います

でも一応付属品だけ載せる

f:id:fps7777777:20181130220632j:plain

コイツァヤベェゾ

私がこのマウスを持った時の第一の感想は、

「軽ッッッ!!!! つか持ちやすッッッ!!!!!!」

これでした

いやもうね、びっくりしました

無線マウスってこんなに軽くできんのね

実測重量約80g f:id:fps7777777:20181130220702j:plain

いやいやたまげましたよ

80gって普通の有線マウスの中でも最軽量クラスですからね。ロジクールさん、あんたの技術力は狂ってるよ

で、更に問題なのは持ち心地

ロジクールといえば、g403がかなりマシだったとはいえ、やはり癖のある形状に定評のあるメーカー。似た形状のPRO(有線)の持ち心地もそこそこ尖ってるので、どんなもんだろと思ったら

「なんだこの定番マウスの感触は!!!!!!」

はい、癖ゼロ

PRO(有線)の場合、側面は下に向かって凸、メインスイッチがほぼ水平で若干安定感に欠ける独特の持ち心地なのに対し、このマウスはSteelSeries 初代Senseiを彷彿とさせるふっくら曲線。更にZowieのFKのようなメインスイッチの若干の凹み。それでいてほどよい高さがあるのでつまみだけでなくかぶせや掴みも可能

ンービバいいとこ取り

f:id:fps7777777:20181130215825j:plain (Senseiは顔が反射するのでモザイク入)

手が普通~大きめの方はつまみ持ち、小さめの方はかぶせでいけるはずです



しかも、あの忌まわしきDPI変更ボタンが底面に! これで誤爆の心配なし!!

サイドボタンも両側に装着可能で計4つ使える!(使わないボタンははみ出さないようにしまえる)

ロジさんどしたの? 本気出しすぎじゃね?

超汎用性の高い形状でワイヤレス! 最新センサー! FPSに最適化! そして無線にも関わらず並の有線マウスを凌駕する超軽量!

……これやばくね?

もう他のマウスいらなくね?

基本的にコードはエイムにおいて邪魔でしかないので、FPS用のマウスはワイヤレスが望ましいのですが、今までは重さやセンサーの関係から、これ!と心からおすすめできるマウスはありませんでした

ただ、こいつはすごいっす。やばいっすロジさん

個人的に不安だった斜めセンサー問題もなし。G403やG303だと私のマウスの使い方では斜めに動いてしまうのですが、このマウスでは大丈夫

充電の持ちも異常です。一回の充電で余裕で数日持ちます。

こんな普通にesports向けに完成度高いの作られてもおもしろくねーんだよロジさんよ

お前はもっとトゲトゲの尖ったもん作ってりゃいいんだよ

ほらもうみんな買いたくなってきたでしょ

逆に完成度が高すぎる故に

ここまで褒めまくっといてなんなんですが、僕はこのマウスそんなに好きじゃありません

情緒不安定かって感じですが、聞いてください

確かにいいマウスです

最初触ったときは持ちやすいし軽いしで「えぇ~これ無線!? やっばww」とは思いました

ただ、ただ……。段々癖がなさすぎてつまらなくなってきちゃうんです

マウスって、『アァ手が気持ちいいッ』ってなってなんぼだと思うんですよね

その点、このマウスは普通すぎる。完成度が高すぎるがゆえに、おもしろくはない

おそらくですが、私のようにマウスを所持しまくっている方ならわかると思います

どうせ同じ1万円代なら、G903のほうが使いにくいけど、持ってておもしろいと思います

懐疑的なあなたも、実際に買ってみれば私の言っていることがわかるかもしれません

※デメリット追記

このマウス、裏面のソール形状が頭おかしくて、専用のソールしか使えません

もしくは、トスベールを小さく加工してなんとかなるかって感じです

この点に関してはフ○ックです

あとクリック音がなんか甲高い

f:id:fps7777777:20181130224409j:plain

HEROセンサーDPIずれてる問題

はい、ここからは少しマジメなお話です

どうもこのPROWirelessに使われているHEROセンサーは、他のマウスとセンシが違うらしいんですね

ざっと見ただけですが、定番のPMW336XセンサーとHEROでは400DPIごとに25ずつ違うと。400DPIなら25、800DPIなら50のずれらしい

25DPIのずれって、CS:GOで考えると400DPIインゲーム2.5からインゲーム2.34に下げることになるので、これ結構な差です。やってる人なら一瞬で気づきます

これが本当ならそのままの設定でやるのは詰んでるんで、調べる必要があります

正確にはPROWirelessに使われているのは二世代目のHERO16Kという奴で、問題となったのは第1世代のHEROセンサーなのですが、どうやらHERO16Kは16Kで同じ問題を抱えているらしい

調べると情報がかなり錯綜してて、

HERO16KはPMW336Xに比べて25DPI高いって人もいれば、

逆に振り向きを測ったらPROWirelessだけ1cm低かったって人もいました

どないなってんねんな。私も確認してみます

検証方法

①CS:GOでの振り向き時の実測値の違いを調べる

②DPIAnalyzerを使ってズレを判定
https://www.mouse-sensitivity.com/dpianalyzer/

これらを、PMW3366を搭載した旧GPRO(有線)と400DPI,3200DPI,6400DPIでそれぞれ手動で比較してみました(レポートレートは両者500Hz)

GOでは、edpi(DPI×ゲームセンシ)を880=振り向き約23.6cmに設定して、実際に振り向いたところでのマウス移動量を定規で測りました
参考
400DPI×2.2=edpi880
3200DPI×0.275=edpi880
6400DPI×0.1375=edpi880

DPIAnalyzerは、ウィンドウズのポインターの速度を変えながら現実のマウス移動量20cmで測定しました

問題なのが完全に手動ってことなんですが、何回も試行したので許してください

25ずつずれるのが本当であれば、6400DPIでは400カウントずれますからね。そんだけずれたらさすがにわかるよ僕は(理解不足で意味ないことをやっているかもしれませんが)

結果

やってみた結果、ずれは確認できませんでした

GOでは両マウス全DPIで振り向き23.6cm付近に集まったし、DPIAnalyzerも同様。毎回数値は若干ずれますが、少なくとも6400DPIで400カウントもずれてるってことはありません

実際にボット撃ちしてみても、特に違和感はなし(GOで高DPIを使うとポインタがバグるという新たな発見をしましたが)

ということで、とりあえず私の中ではずれていないという結論でFAとします

となると明らかにずれてたよっていう人たちの意見と大きく異なるわけですが、ワンチャンロットの違いかもしくはソフトウェアのアプデで直ったとか……?

その辺はわかりません

私マウス好きな癖にその辺の仕様は詳しくないので、詳しい方教えてください

まとめ

ちょっとディスが入りましたが、気にしないでください

このマウスは、間違いなく買いです

クリスマスプレゼントにおすすめします



最後に一言




いくらなんでも高くね!?!?!?!?

http://blog.hatena.ne.jp/fps7777777/fps7777777.hatenablog.com/config/design/detail#tab-customize-touch